ピアノのしっぽ3

大人になってから習い始めたピアノに夢中です♪ あと、いろいろ治療中・・。 keyword→ピアノ/SLE、抗リン脂質抗体症候群、自己炎症疾患疑い、IgA腎症、脊椎関節炎、線維筋痛症/ビーズ装飾作家/デグー(ペット)/医療クラーク/ 3+→ https://noly-piano.hatenablog.jp/

レッスンノート(165回)~8月6日

こんにちは。

先週、ピアノレッスン行ってきました。

病気の方の体調が不安定で、レッスン行けるか冷や冷やでしたが、何とか無事に。

 

レッスンノート(165回)~8月6日

 

ツェルニー40番 No.34(4回目/終了)

 

まずは最後まで通して弾く。

しばらくレッスン中断してて、後半はまだほとんどレッスンでみてもらえてなかったので、細かく確認。

メロディーが聴こえるように、16部音符全部力まないで、最初の音以外は力を抜いて、等々。

弾きにくいところを、練習方法教わりながら確認したりして、最後にもう一度弾く。

 

そして、楽譜に終了の丸をもらう。

ツェルニー40番の終盤は、かなり難しいので、一度ツェルニーから離れて、モシュコフスキーの練習曲をやる予定。

少し練習始めてはいるが・・

モシュコフスキーもきめ細やかな難しさがあるというか、そう簡単にはいかない様子。

ま、練習曲で弾きやすい曲やってもあまり意味がないから、少し弾きにくい曲をやるのがベストだと思ってる。

そういう意味ではよい難しさなのかな。

 

 

♪ プレリュード op.11-9(スクリャービン    )(初回)

 

初⭐️スクリャービン  ❗️

この曲は、旧ブログの死ぬまでに弾きたい曲100選でもエントリーしている。

 

↓ピアノのしっぽ2より(旧ブログ)

☆死ぬまでに弾きたい曲100選☆
~第22曲~ へのリンク

はてな

(なぞなぞ認証ありますが、ブログタイトルがヒントです😉)

 

 

まあ本当は、もっと難易度高い何曲に憧れるけど、自分の力量と相談するとこの辺かなと。

 

↓ちなみにこんな曲

https://youtu.be/UL7ZwzDAoQE

 

片手ずつの譜読みはしていったので、まずは右手弾いて確認。

最後の方の和音の音が間違ってたので修正。

 

スクリャービン独特の響きのせいか、スムーズに弾けない。

和音で押さえて確認したり、左手のベースと合わせてみたり、練習方法を教わる。

 

左手も同様に。

 

短い曲だけど、ちょっと苦戦しそう。

片手ならだいぶスムーズになってきたけど、両手がすごく弾きにくい。

通常なら、調性から、次はこの辺の音、って予測つくのに、そこをちょっと捻ってる、って感じなので、頭で考えてると混乱する。

当面は片手練習ガッチリやって、脳味噌と指味噌(!?)にたたきこまないと。

 

 

次回のレッスンでは、しばらくレッスン中断していたフランス組曲第3番ジーグを再開。あとスクリャービンのプレリュード 。

モシュコフスキーの練習曲は、フランス組曲が終わったら持っていこうと思います。

 

最近のコロナ情勢と体調考えると、二曲レッスンが限度かなぁ。

その分、集中して早く完成出来る様になりたい。

 

 

⭐️⭐️8日の通院メモは、ピアノのしっぽ3➕へアップしました⭐️⭐️

https://noly-piano.hatenablog.jp/entry/2020/08/10/175141